本日 81 人 - 昨日 148 人 - 累計 188442 人
サイトマップ
RSS

5/26 兵庫県女子ラグビー交流会

2013年05月30日
tottiブログから転記しました
画像

流通科学大フェスタを途中で抜け、神戸製鋼灘浜グラウンドに移動

今度は石川撫子RFCの小学生及び中学生の試合です

のどかは中学1年生同士のセブンズに、陽菜、桃子、瑠奈は小学生高学年同士のミニラグビーに出場しました

のどかはWTBで半分だけ出場

本人は、ボールがなかなか回ってこず、本来のプレーが中々できなくて、しょんぼりしてました

だけど、私が見た限りでは、タックルはガツガツ決めてたし、短い時間内でよくやったと思います

次は得意のSOで出してもらおう

一方小学生の3人

いつもどおり、SO:瑠奈、1セン:陽菜、2セン:桃子でラインを組みたかったのですが、他の子たちのポジションの兼ね合いで、桃子がFWに回り、SO:瑠奈、1セン:陽菜という布陣に

桃子は慣れないFWでしたが、ブレイクダウンやタックルは得意なので、とても上手にこなしてました

瑠奈と陽菜のBKコンビも、少ないチャンスを生かし、何度もゲインを切りますが、二次三次がなかなか続かず、苦労してました

でも4人とも、暑い中、前日の大会の疲れも見せず頑張ってプレーしてました

お疲れ様でした!


P.S.

この日、姫路のたけとらさん&さつきちゃん親子と初対面を果たしました

これからお互いの娘を通して、何回もお会いすることになると思います

親子ともどもよろしくお願いします

画像

琵琶湖カップ

2013年05月27日
tottiブログから転記しました
画像

のみこまA 3-6 勧修A

のみこまA 6-2 つつじが丘A (MIP=ハルキ)

のみこまA 7-2 桃丘A (MIP=ヒナ)

のみこまA 9-1 本梅A (MIP=ルナ)

のみこまA 7-2 勧修F (MIP=ヒナ)



Aチームの結果は以上のとおりでした

初戦こそ落としましたが、そのあとはしり上がりに調子を上げ、ノリノリ状態に

4勝1敗というまずまずの好成績で〆てくれました

エンジンのかかりが遅い、のみこま

この修正が今後の課題です


吉島さんがバスの都合で、途中で帰らなきゃいけなくなったため、我々との試合がキャンセルになりました

そこで本部に行き、練習試合のマッチメイクをお願いしたら、、、

なんと、元日本代表・富岡さん率いる、立命館大の現役ラガーが相手をしてくれました!

子供たちは試合前からテンションあがりまくり(笑)

試合も大盛り上がりでした

内容も4-5と白熱したものでした

立命館のみなさまありがとうございました!



■ママさんチームレポート(帯同コーチ:トミーさんより)

ママさんチ-ムは初戦は小学生相手に圧倒的な実力差で圧勝。

2戦目は中学生経験者にスピ-ドで力負けしたが、コ-チ陣チ-ムには全員ラグビ-で対抗。

6-5の勝利には観客を魅了した。

特に後半終了まじかの、のどかの相手独走を追いかけてのタグ!は勝利を決定づける、鳥肌が立つビックプレ-だった。

全員が持ち味を出したいいチ-ムで、周りも一目おく評価だった。

瀬尾さんの初戦は小春同様素晴らしかった。


■Bチームレポート(帯同コーチ:アニさんより)

大会前の練習である程度は手応えをつかんでいたもののメンバー6人中、4人が初の実戦、不安いっぱいで挑んだ大会でしたが結果は一勝二敗一分

我々の予想をはるかに上回る素晴らしい内容でした

初戦、サインやコンビネーションがなかなかかみ合わず格上のチームに敗戦、体がほぐれた二戦目はリードで迎えたラストプレーで相手の独走を許し悔しい引き分け

内容がよかっただけに結果が出ない事にもどかしさを感じましたが、感動のシーンは三戦目に待ってました

圧倒的な攻撃力で8ー1の完勝
ジュナが仕掛け、こはるが決めるというスタイルが確立され、こはるは6トライの大爆発、見事な初勝利でした

実戦はどんな練習よりも選手を成長させると言いますが、キャプテンのジュナ、コンビを組むこはるの攻守にわたるプレーはBチーム躍進の原動力になったし、まあやの兄トモキを思わせるガッツ溢れるプレーはチームに勇気と勢いをもたらしました

二年生という事での体力差がありながらアタックでもディフェンスでも、とにかく必死に食らいついていくつぐみのプレーは女子が引っ張るのがチームカラーというのみこまの未来のエースを予感させました

二戦目の途中で足を引きずり怪我をしたように見えながら最後まで試合を続けたひより、普段は集中力がなくすぐに諦めてしまうのにこの日は必死で走り続けた最年少のダイゴ

素人同然の二人でしたがチームメイトの真剣なプレーに刺激され出来る事を精一杯やっていました

学年もバラバラのデコボコチームでしたが選手として人間として大きく成長したのが肌で感じられたし、これからの飛躍も楽しみになった非常に有意義な大会になりました
画像

石川U-15 岐阜遠征

2013年05月19日
よしきメールより転記しました
画像

お疲れ様です。
小学生同様、中学生も頑張りました。

中学2,3年
石川・富山vs岐阜
1勝1敗

中学1年
石川vs富山vs岐阜(三つ巴)
2敗

みんな現状のチカラは出せたと思います。これからさらにレベルアップしていきましょう!

周りからも心配されたノドカは、右展開からのケンタ勝負→オフロードパスを受け、トライを取りました。
画像画像

ラグビースクール合同練習会 低学年編

2013年05月19日
私″への″が[のみこま&伏見]に、そして酒野が[鶴来RS]に伴奏者として付いて、低学年(保育園児~小2)の試合を行ないました。

のみこまメンバーは ユウゴ、ツグミ、ダイゴ。
初めての試合ですが、みんな頑張ってモールに参加してました。

途中、ダイゴがモールの中で顔をぶったらしく地面にうつ伏せて泣いていましたが、ほっといたら「誰もかまってくれん」と気が付いたのか知らん間にモールに加わってました(爆)

低学年同士、最初は試合になるんかいな?と半信半疑でしたが後半過ぎた辺りから 走る相手を捕まえ、モール(オシクラマンジュウ?)を作り、崩れたらそれを拾ってアタック! とチャンと試合になってました。すごい!
なによりみんな楽しそう!!
低学年はこれでいいのだ(byバカボンパパ)

これだけ大勢の子供達が集まってラグビーを楽しめる機会、もっと増やして欲しいですね。

ラグビースクール合同練習会

2013年05月19日

tottiブログより転記しました
画像

金島家、水曜日の練習から、ラグビーに復活しました

またこれからもよろしくお願いします

というわけで、水曜日は秋常、木曜日は寺高、土曜日は物見山と、いよいよ一週間後に迫った「琵琶湖カップ」に向け、練習を頑張っています

そして今日は石川県のスクール全5チームが県ラグビー場に集い、合同練習をしました
画像
ハンドリング練習やコンタクト練習などをしたあと、最後は試合

高学年は参加人数の関係で、8人制となり、①のみこまレッドウィングス、②鶴来RS、③合同チーム(金沢RS&伏見RS&津幡RS)の3つ巴で行われました

のみこまレッドウィングスは、女子が中心、しかも8人中3人がラグビーデビュー戦という事で、苦戦を予想しましたが、みんな大きな男子にもひるまず低いタックルに行き、身体を張って頑張ってました

アタックでもタグ同様に、スピード感溢れるアタックでトライを量産

初戦の合同チームには勝利、鶴来には敗退、1勝1敗という結果でした

デビューの3人は、まだ要領もわからず、タックルも怖がってなかなか入れませんでしたが、みんな最初はそうです

瑠奈だって去年まではヒドかったし(笑)

繰り返し練習して、迷いがなくなれば必ず入れるようになるから、次の試合に向けてまた練習頑張ろう

リンクに登録

2013年05月14日
新田ウォーリアーズ

宇都宮市少年ラグビースクール

のホームページをリンクしました。

のみこまRSの登録人数

2013年05月07日
H25年5月5日現在 のみこまRSの部員状況です

中学生男子6名(3年:2名/1年:4名)
小学校6年生4名(男子2名/女子2名)
小学校5年生3名(男子0名/女子3名)
小学校4年生3名(男子1名/女子2名)
小学校3年生1名(男子0名/女子1名)
小学校2年生2名(男子1名/女子1名)
小学校1年生1名(男子1名/女子0名)
中学生女子2名(2年:1名/1年:1名)


※中学生女子は石川撫子RFCで登録されています
※小学校1年生の男子1名 及び 小学校2年生の女子1名は登録してありませんが、部員扱いです(ツグミ&ダイゴ)

安全推進講習会

2013年05月04日
画像
本日、芦城センターにて のみこまRS&石川撫子RFC合同で安全推進講習会「ラグビーの脳震盪」について行ないました。

選手:15名
父兄:5名
コーチ:3名 の参加

■ポイントは
①脳震盪(及び疑わしき状態)と判断された場合は、まず病院で診察を受ける
②24時間は誰かについててもらう(特に大学生など一人にしない)
③18歳以下の場合2週間は練習に参加できない
④18歳以下の場合3週間目から段階的に練習に参加できる
⑤④で問題なければ医師の証明書(のみこまRSは広上安全推進担当、石川撫子は金島安全推進担当が原紙を持っています)をもらい、復帰

以上のようなプロセスを踏まなければなりません。

それは、DVDでやってた後遺症に苦しむ大学生のインタビューにもありましたが、脳震盪は短い期間(2週間以内)に2回目を起こすと後遺症が残ったり、重症化する危険性が非常に高くなってしまうからなのです。⇒これをセカンド・インパクト症候群(Second Inpact Syndrome)といいます。

という訳で、これからも指導者・親御さん共々子供達が安全且つ健全にプレーが行なわれるよう連携を取っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

Tシャツ

2013年05月02日
のみこまRed Wings × 石川撫子RFC のコラボTシャツ完成

画像

左;ネイビーがスタッフ・親用(バック)
右;オレンジが選手たち用(フロント) です