本日 154 人 - 昨日 260 人 - 累計 240203 人
サイトマップ
  • のみこまFacebook
  • のみこまFacebook
RSS
ルールを掲載します
画像

予選リーグ戦・結果
画像

決勝トーナメント・結果
画像

『チャンピョンカップ・トーナメント』
優 勝:山田ビューティー9
準優勝:のみこまレッドウイングス

『ファイティングカップ・トーナメント』
優 勝:三馬スターズ

tottiブログより

今年度最後の大会となる勧進帳カップが行われました
画像

のみこまからは、のみこまレッドウイングス(Aチーム)と、のみこまjr.(Bチーム)の2チームが出場

◆Aチーム
るな(6年)、まお(6年)、まあや(6年)、じゅな(5年)、こはる(5年)、せんじ(4年)

◆Bチーム
ゆうじ(6年)、るく(6年)、りんか(5年)、ただむね(5年)、ゆうご(3年)、たくみ(3年)、だいご(2年)

学年、性別関係なく、実力で1stジャージを着る権利を勝ち取ったAチーム6名は、予選リーグ2試合を勝ち抜き、1位通過でチャンピオンカップトーナメントに進出

キャプテン・ゆうじを筆頭に、2ndジャージを着て大会に臨んだ個性派揃いのBチームも、下馬評を覆し、1勝1分けの成績で、堂々とチャンピオンカップトーナメントに進出しました!

トーナメント一回戦では、ブラックタイガー菅谷にコテンパンにやられましたが、チームのカタチが見えて来て、満足のいく内容でした
画像
来年度、じゅな、こはる、せんじの三人を軸とした7代目レッドウイングスに、このBチームの中から誰が這い上がってきてくれるのか、とても楽しみです


さて、Aチームの6人は、一回戦で三馬ファイターズに勝利し、無事に準決勝進出

決勝進出をかけて戦う相手は、サントリーカップ石川大会の準優勝チームで、共に石川代表として北陸大会を戦った、ブラックタイガー菅谷でした

前半は、菅谷のアタックを完璧に抑え、無失点で後半に入りました

後半の頭からは、疲れの見え始めたエースまおに替え、この日全試合に出場しているせんじを投入

早々に、相手エースにブチ抜かれ、初失点を許しました

実力でAチームに入ったといは言え、せんじはまだ体もできてない4年生

スピードがある、菅谷のエースを簡単に止めれるとは、私も思っていません

しかし、2点、3点と得点を重ねられても、最後までせんじを出し続けました

私の意図は、言わずとも、5~6年生の選手たちには伝わっていました

試合終了後、勝利したとはいえ悔しがるせんじのもとへ、るなとまおが駆け寄り励ましました

「せんじ、大丈夫。来年、せんじにはあの子(菅谷のエースの子)みたいになってもらうんやからな!」

そう!

せんじがこの先、のみこまの真のエースに成長する過程で、この試合の経験が絶対に生きてくる

一歩一歩、確実に成長して行ってほしい



そして迎えた決勝戦

決勝の相手は、この一年ライバルとして、そして仲間として、共に切磋琢磨してきた滋賀の強豪、山田ビューティー9

我々と同じく、9人中7人が女子という、女子中心のチームです

春の琵琶湖カップでは引き分け、夏の布引での練習試合では一点差で敗戦、12月のクリスマスカップでは、我々が優勝したものの、山田ビューティー9との対戦はなく、今年度は通算で0勝1分けという戦績でした



試合前、選手たちに言いました



勝っても負けても、泣いても笑っても、6代目レッドウイングスにとってこれが最後の試合

6年生にとっては、この真紅のジャージを着て戦うのもこれが最後

俺はお前らのこの試合を、この目に焼き付けとくから

集大成を見せてくれ!



選手たちは、大きく返事をしてピッチに入って行きました
画像


試合は、両チームが一年間、必死にタグラグビーに取り組み、努力を積み重ねてきた全てのプレーを前面に出した、最高の熱戦になりました

自分たちの良さをすべて出して攻撃し、必死になってディフェンスする選手たちの姿を見て、私はこの一年間のいろんな事を思い出し、試合中にも関わらず、胸が熱くなり、涙がこみ上げてきました

隣のよしきさんも、同じ思いだったと思います

春はこんな良いチームじゃなかった

まだまだみんな子供で、気持ちもバラバラで、、、

何度も何度も選手同士で話し合い、辛い練習を乗り越え、一年という歳月をかけて、私や他のコーチが言わなくても、自分たちですべてのことをやり遂げる、本当に逞しいチームに育った

ノーサイドの笛が鳴った瞬間、全員がガッツポーズをし雄叫びをあげたのは山田ビューティー9、そして崩れ落ちて涙したのは、のみこまレッドウイングスだった

及ばなかったスコアはわずか1点だった

勝った方も涙、負けた方も涙の、素晴らしい試合だった

見守ってくれた、大会関係者のみなさん、保護者のみなさん、他のチームのコーチや選手たちにも伝わったと思う

試合後は私の涙腺もついに崩壊、号泣する選手たちに感謝の言葉を伝えながら、自分も同じくらい泣いた

たぶん、ラグビーを指導して来て、こんなに涙が出たのは初めてだと思う

それくらい、心を打たれた

「このチームのスローガンは『笑顔』。だからキャプテンの私は絶対に泣かない」と言い続け、サントリーカップ北陸大会で負けても泣かなかったるなも、最後の円陣で選手たちに話し始めた時に、肩が奮え、言葉がつまり、ついに泣いた

素晴らしい涙だったと思うし、最後まで素晴らしいキャプテンを貫き通してくれたと思う



6代目レッドウイングス、一年間お疲れ様でした

本当に最高のチームでした

ありがとう!!


山田ビューティー9のみなさま、本当におめでとうございます!

最後の試合を山田ビューティー9とできたことを本当に嬉しく思います

来年度、その優勝トロフィーを取り戻せるよう、7代目レッドウイングスとして、また一年努力を積み重ねて行きたいと思いますので、これからもよろしくお願いします
画像

2/14 Welcome 山田小

2015年02月15日
tottiブログより

今日は滋賀から山田ビューティー9の皆様が来てくれました
(^^)

午後は物見山体育館で合同練習

そして夜は寺井の宿泊施設「さらい」にて、女子会ならぬ女子合宿で親睦を深めます

素敵な想い出をたくさん作ってください
画像画像画像

2月15日(日)@小松末広体育館にて、これまでの「小学生タグラグビー選手権大会in南加賀」から もっとタグラグビーを広めていこう!と『勧進帳カップ小学生タグラグビー大会』へ名称を変更し、行います。

今回はコートが1面しか取れない事からそんなに大々的にはできませんでしたが、初めて県外からのチーム[滋賀県山田小学校]が参戦してくれます。

そして この大会らしい優勝カップを作りたい‼と鈴木理事長、打田事務局に了解をもらい、私、”勧進帳カップ”作らせてもらいました。
画像
弟の持ってたトロフィーを分解⇒カブッキーの九谷焼置物を買ってきて⇒難儀して固定⇒文字プレートを貼り付け⇒完成!
ホント私オリジナルのトロフィです(笑)。
小松らしさが出てて自分的には満足ですが、カブッキーが本物の九谷焼なのですぐに割れないかチョット心配。何年も受け継いでもらいたいと思います。

次の5件 >>