本日 88 人 - 昨日 630 人 - 累計 839012 人
サイトマップ
  • のみこまFacebook
  • sns-count-icon-fb
RSS

サントリーカップを終えて

のみこま関係者のみなさん大変お疲れ様でした。
どこか清々しくもあり、また寂しくもあり、複雑な想いでこの月曜日を過ごされたんではないでしょうか。
まさに“祭りのあと”といった感じがしています。

そんな中 送られてきたアニ・メールを読んで、熱い気持ちを呼び戻された方も多いのではないでしょうか。

という訳でこの名文をホームページにも残しておきたいと思います。

以下 アニメールよりの転載です。



おはようございます

みなさん、本当にお疲れさまでした

初めて挑んだ全国大会の結果はボウルトーナメント準決勝敗退(11位、12位相当)ということでカップトーナメント進出、さらには全国制覇という目標は達成することが出来ませんでしたが、持てる力を存分に発揮出来たと思います

その中でも例年にもれず女子中心と言われたチームでの男子の活躍は凄まじい限りでした
監督も本人達に軽く伝えてましたがトム、はるきがいなければ今大会の成績はあり得なかったです
普段おとなしい二人ですが今大会にかける意気込みがすごく伝わったし二人の息の合ったプレーで数々のトライを生み出してくれました
合わせてBチームのメンバーの頑張り、予選大会でもほとんど出番がなかったにもかかわらず、あの大舞台で必死にタグを取り続け、攻め込みあと少しでミツキのトライという場面を作りました

今大会のラストゲームとなった小柳戦、劣勢だった前半ラストからのBチームの頑張りから迎えた後半のディフェンス、相手の攻撃に何度も裏に出られながら全員の必死のカバーディフェンスで守り続ける姿には鳥肌がたち涙が出ました

ひな、桃子、ルナも予選では軽くトライになる場面でも全国クラスのチームには
追いつかれてましたが、彼女達が全国でも充分に通用する事を示してくれました

そうして受賞した「石塚賞」はのみこまレッドウイングスがこだわって作り上げてきた全員でつなぎ続けるオープンラグビーが全国大会でも観客を魅了し感動を与えた事の証明です
勝負の世界なので勝つチームがいれば負けるチームが必ずいますが我々は勝敗以上に大切なものを得ました

このチームに関われて本当に幸せな気持ちです

昨日をもって五代目レッドウイングスは解散となりますが五年生以下は新キャプテンのルナを中心に今年度以上の成績を目指して、六年生は新たなステージに向けてそれぞれの舞台で頑張って下さい

我々は全力でサポートします

忙しすぎて余韻に浸ってるひまもなさそうですが、私は今日は抜け殻のようです(笑)

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):